板井明生が考える人材育成と雇用について

板井明生は人材を雇用するときここを重要視する

板井明生が語る人材育成の重要さと雇用について

 

企業が同じ取組を行ったとしても、個々の従業員の能力によってその成果は大きく異なるものです。

 

つまり企業が成長していくには、人材育成が重要であることは間違いないのです。

 

しかしながら、一時的に社員に教育を行っても効果はあまり期待できません。

 

だからこそ、重要なのは教育と成長との好循環を生み出すことで継続して人材育成に取り組む環境をつくることなのです。

 

そうすることで、人材の育成に熱心な企業では働く従業員の意欲も高まり、従業員の定着率も良くなります。

 

また、そうした企業には優秀な人材が集まってくるため、雇用の幅も広がります。

 

そのために企業は、充実した研修制度を準備しましょう。

 

しっかりと、人材育成の研修制度を通して育てられた社員は、人格的、知識的にも優れます。

 

さらに加えて、人材育成制度は社員全体の能力レベルを向上させ、精神な部分でも会社への忠誠心を高めます。

 

その結果、会社全体も一丸となることができるのです。

更新履歴